投資顧問の評価サイトにはヤラセがあるって本当?

投資顧問

ネット上には投資顧問の逆ステマ評価が溢れかえる

ステルスマーケティング、略してステマという言葉をご存知でしょうか。実際に広告としてアピールしているわけではなく、SNSや評価サイトなどの書き込みを企業が行い、まるでサービスを利用したユーザーが心から満足しているような口コミが書き込まれることで企業の評判を上げる行いです。投資顧問業界で問題になっているのはこのステマもそうですが、同業他社の評判を落とすような悪評を企業が匿名で書き込む逆ステマも横行しているとされているのです。

この逆ステマの目的は有名で質の良いサービスを提供している同業他社の評判を落とし、ステマで自社の評価を上げ、クライアントを獲得することです。投資顧問を評価するサイトでは、こうした逆ステマによる風評被害が溢れかえり、本当に信用できるレビューがどれか分からなくなってしまっているということも問題になっています。株エヴァンジェリストもこうした逆ステマによる風評被害に遭っている投資顧問企業のひとつであり、個人投資家を中心に支持されていながらヤラセや低評価レビューの風評被害のためにレビューサイトでは良さが一目で分からなくなっています。

逆ステマを見分けることは非常に困難

困っている女性

逆ステマを見分けることは大変難しく、しかも正当に評価しているレビューサイトよりも逆ステマが含まれているサイトの方が数が多いというのも悩ましいところです。そうした逆ステマサイトはSEO対策がきちんとされていることもあって、検索エンジンで探そうとすると先に候補として浮上してくることが多く、正当なレビューサイトが検索した人の目に留まりにくくなっていることも原因になっています。そのため、レビューサイトを閲覧する際には本当に信頼できるのか、偏った意見ばかりを採用していないかなどの点を冷静に見極める必要があります。

逆ステマや悪徳レビューを見分けるための方法

レビュー

逆ステマを見分けることは非常に困難です。風評被害があちこちに書き込まれているので、数の暴力のために逆ステマのほうが信用できるような気さえしてくる、ということも少なくありません。しかし、冷静にレビューサイトを観察してみると風評被害を流しているサイトには、不審な点がいくつかあることに気が付くのではないでしょうか。例えば、お問い合わせフォームがきちんと準備されていない評価サイトがありますが、信用できるサイトではこうした部分まできちんとしているはずです。レビューサイトそのものがヤラセや逆ステマのために設立されている可能性もあることを知っておくといいでしょう。

また、そのレビューサイトで推されている投資顧問企業がどのような企業かを確認することも逆ステマに引っ掛からなくなるために必要なことです。逆ステマはサービスでは一歩劣るような企業が他の企業の印象を落とすために行うものなので、逆ステマの結果持ち上げられている企業は実績が乏しかったり、本当か疑ってしまう夢のような売り文句が並んでいることも少なくありません。時には投資顧問を行うために必要な財務局の金商登録を行っていない企業もあり、そういった企業を推しているレビューサイトであれば逆ステマの温床になっていると判断して、無視しても構わないでしょう。

関連記事
プラン
株エヴァンジェリストの有料プランを紹介します!

1銘柄単位紹介の単発契約プラン単発契約プランの特徴は、オススメの株式銘柄を1銘柄単位で紹介してもらえることです。1契約につき、サイト内の専用...

記事を読む